« 2015年5月 | トップページ | 2016年2月 »

2015年7月

髪の寄付 Hair donation

やっとやっと、ここまで伸びた。長かったなぁ。ついに日本の団体に髪を寄付できる。

 

母が癌を患ったのはもう10年も前。母はよく頑張った。そして今でも日本で人生を楽しんでいる。

 

多分、女性が髪を失うと言うことは最悪のことのひとつと言えるんじゃないかと思う。抗がん剤の治療で母の髪が抜け始めた時、母から頼まれて彼女の髪を切り落とした。そしてかつらを作ることを勧めて調べてみることに承諾を得た。かつらについていろんなことを学んだ。そしてその時長かった自分の髪を一部として使おうと言うことに何ら躊躇はなかった。そして話を前に進めていこうとした時に母から言われた。やっぱりかつらは要らないわ、と。彼女の新しい癌友達が彼女を変えてくれた。

 

それまでどんな励ましの言葉も彼女の心には届いて無い様で、とても弱々しく以前とは違った儚げな表情ばかりだった。母はとても強い人でその状態を見ているのはわたしにはとても辛かった。でも抗がん剤治療をその新しい友達たちと乗り越えて行くことで強さを取り戻してくれた。皆で手持ちのタオルで帽子を作ったり、頭を隠す良い方法を教えあったり。

 

何だろう、少し置いてけぼりくらった気がした。長い髪を切る気満々だったのに。もうかつらが要らないってことは良いことなんだけどでも自分の決めたこの気持ちをどこにも持っていけずに終わらせたくなかった。

 

わたしの髪はアメリカのチャリティ団体に送った。日本の団体は当時、染めた髪の毛やパーマをかけた髪は受けつけてくれなかったのだ。イギリスに越してきてから髪を染めるのをやめたのでもう一度伸ばしてみようと思った。でも馬鹿な私は下調べせずに切ってしまったもんで長さが足りず。長さの規定がないイギリスのチャリティ団体に送らせてもらった。そして3年。今回はしっかり規定の長さを満たしてます。やっと日本の団体に寄付できます。

 

これで終わりではない。友人の1人も癌で亡くなり、友達二人も癌との闘病中。癌は今もう身近なものでそして不治の病ではない。それでもやっぱり闘病生活は辛い。そして自分自身罹患するのは確実だと思う。この寄付を通じてこの先何が待っているのか、そしてどうやって生きていけばいいのかを自分に思い出させることができる。人生は短い。自分の生きていく道を見失わずにいたい。今までの経験を肝に銘じ、そして今ある自分の命に感謝したい。

 

尊敬する母、親愛なるアダム、最愛の息子リオに愛を込めて。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

At last I will be able donate my hair to Japanese charity this time!!

 

It started when my mother had cancer 10 years ago. She fought through very well and she is still enjoying her life in Japan.

 

I guess it must be one of the worst experiences to lose hair as a woman. When her hair started to fall during chemo, I helped her cut her remaining hair. I wanted to do something to help and thought that a wig might make her feel herself again, if only a little bit. I researched a lot about wigs and found out about professional wigs made of donated hair, nothing stopped me from deciding to contribute my hair for her wig. I had very long hair at that time. When it was about time to go forward she told me she decided not to have a wig. Her new chemo friends changed her.

 

 I remember that no words could cheer her up till then and she looked so week and fragile. She was strong woman and it was so painful to see her like that. She went through this chemo with new friends and she got her strength back. They made hats from towels and shared ideas on how to look good covering their heads.

 

I felt left out as I was ready to have my hair cut… It was good thing she didn’t need a wig any more but I still wanted to go through with what I had decided.

 

My hair went to a charity in America as Japanese charities didn’t accept coloured or permed hair. Since I moved to England I stopped colouring my hair so I thought I can grow my hair to donate to them. Silly me not to search things first!! After I cut my hair for the second donation I found there was a minimum length!!!! So I sent it to a charity in the UK. It’s been 3 years now and I have my hair ready to send to Japan this time!!

 

I know this is not the end. One of my friends died from cancer a few years ago and two are currently fighting for it. Cancer is quite close to our life and for those that get it the chances of survival are better than ever. However it is still hard to go through. I’m sure I’ll get it sometime in the future. Having this donation has kept reminding me what to expect and how to live with it. Life is short.  How can I live without losing my way?? It is important to remember what we have gone through and to appreciate to have my life here.

 

Lots of love to my mum Shigeyo, my dearest hubby Adam and my darling son Leo

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2016年2月 »